webサイト関連の実績

井村屋グループ様 企業サイト

井村屋グループ様 企業サイト

井村屋グループ様 企業サイト

http://www.imuraya-group.com/

【業種】

食品

【目的】

ブランディング
情報発信

【デバイス】

PC、タブレット、スマートフォン

【サービス・カテゴリー】

Webサイト制作
CMS
ユーザー体験設計
コンテンツ設計

提案経緯

井村屋グループ様は「あずきバー」「肉まん・あんまん」で有名な井村屋様の持株会社です。
2010年持株会社制への移行時に企業サイトを開設しましたが、基本的な情報の公開にとどまっていました。
また、より利用者目線に近い情報発信と目的の情報を見つけやすくすることも課題になっていました。
井村屋グループらしさの訴求(ブランディング)と利用者目線の使いやすさを実現するためにWebサイトのリニューアルをご提案いたしました。

提案ポイント

ワークショップを実施し井村屋グループ様らしさを伝えるコンテンツを新規作成
Webサイトの利用者に自社のことを知っていただくには中身(コンテンツ)が必要です。利用者に井村屋グループ様らしさを伝えるコンテンツを作るためにお客さまとワークショップをしました。利用者を想定し、利用者が興味を持つ井村屋グループ様の情報をブレインストーミング。出てきたたくさんの情報をグループ化し、コンテンツの骨格を作り出しました。こうしてお客さまと一緒に新規で作成したコンテンツ(ページ)はサイト全体の四分の三になります。

 

情報の更新性向上とブランディングの強化
CMSを導入し、情報の更新性を強化しました。操作しやすい更新システムがお客さまの担当チームでの運用をサポートしております。ニュースリリースだけではなく、グループのCSR活動も自社で更新しやすくしており、将来的には自社のCSR活動の更新を通じて「おいしいの笑顔をつくる」という井村屋グループ様の企業理念が広く周知されることを願っております。
トップページにグループ会社のWebサイトの更新情報を自動的に表示し、そのグループ会社のサイトに誘導するような仕組みも導入しました。

 

マルチデバイス対応
利用者の使い勝手を考えて全体の構造とデザインを設計いたしました。アクセス解析とワークショップから利用者を定義し、その利用者の環境から使いやすいデザインを考えました。利用者の3分の2以上は利用しているPCはもちろん、就活生を中心にアクセス数が急騰するスマートフォン、タブレットに代表されるタッチデバイスでも画面にタッチしやすく、情報を見つけ易いよう工夫しています。

営業・ディレクター:勅使 デザイナー:佐藤(株式会社ローリン)、加藤 システム:近藤、鈴木 コーディング:近藤、鈴木、加藤